コンプライアンスメイン画像

コンプライアンス

ダイヤモンドエンジニアリング株式会社では、企業倫理として「企業活動に関する基本指針」を定め、その指針に基づき、遵守すべき「行動基準」を定めています。

企業活動に関する基本方針

ダイヤモンドエンジニアリング株式会社は、グローバル企業として、法令を遵守し、社会の倫理に従い、公正かつ透明な経営を行うものとし、企業活動の基本指針を次のとおり定めています。

1. 企業活動に適用されるあらゆる法令を遵守し、社会の倫理規範に誠実に従い、良識ある企業活動を行います。
2. 市場、顧客のニーズの的確な把握に努め、品質、価格、安全性その他の面で優良な製品、サービスを提供します。
3. 人間性を尊重し、人材を育成して、「一人ひとりが発想し、実行する」社風を醸成するとともに、職場における従業員の健康と安全を確保し、ゆとりと豊かさの増進に努めます。
4. 地球環境の保全に積極的に取り組むものとし、企業活動全般にわたり、環境保全に努めます。
5. 株主、取引先、地域社会等当社に係わりを有する各関係先との間に、相互信頼・協力関係を築き、共存共栄を図ります。
6. 善良な企業市民の一員として、社会・文化に貢献するよう努めます。
7. 市民社会の秩序・安全に脅威を及ぼす反社会勢力・団体とは断固として対決します。

行 動 基 準

ダイヤモンドエンジニアリング株式会社は、当社製品が消費者の生活向上に資するとともに、お客様各社の発展に役立つことを通じて、社会の繁栄に貢献することを使命としております。
そのために、役員、従業員すべてが遵守すべき行動基準を次の通り定めています。

  1. 法令の遵守
    1. (1)公正な競争の推進
      (独禁法・下請法の遵守)
    2. (2)インサイダー取引の防止
    3. (3)営業秘密の保護・漏洩防止
    4. (4)輸出入関連法規の遵守
  2. 会社と役員・従業員の利益が相反する行為の禁止
  3. 不正取引等の禁止
  4. 会社資産の適正な使用
  5. 適切な政治活動
    1. (1)政治関連法規の遵守
    2. (2)特定政治団体への支援強制の禁止
  6. 環境保全・保安防災の推進
  7. 良好な職場環境の構築と安全の推進、人権の尊重
  8. 接待・贈答等への節度ある対応
  9. 反社会的勢力との関係遮断