化学・環境プラントメイン画像

液中膜 排水処理設備 排水処理の革命!

液中膜とは?

排水処理において、「濾過」の原理によって汚泥を分離する微多孔性膜です。
排水処理過程に液中膜を設置することで、沈殿槽を使わずに処理量の増加が可能です。

活性汚泥法による排水処理の比較

液中膜の特徴

  1. 液中膜廃水処理は沈殿槽を使用しません。
    そのため従来の活性汚泥処理の最大の問題点である バルキングが発生しても処理水の状態は良好です。
    また、固液分離が確実に行い、汚泥の流出はありません。
    (糸状菌が発生しても問題はありません。)
    ※ バルキング…活性汚泥が膨張し、沈降しにくくなる現象。
  2. 活性汚泥濃度を20,000mg/lまで使用できるため、従来の3〜5倍の処理能力が得られます。
    (BOD容積負荷1.5kg・BOD/m3・日)
    コンパクトな設置スペースと共に、負荷変動に大変強く安定した処理水が得られます。
    (実力値BOD 5mg/l、SS 1mg/l以下)
  3. 処理水は雑用水、融雪用として再利用できます。
  4. 重力ろ過が可能で動力費が少なく、省エネ運転で維持管理が簡単です。
  5. 設置全体がシンプルで補機類も少ないため、施工が簡単で短納期、低コストで建設が可能です。

液中膜ユニットの設置例

液中膜ユニットは、RC製などの水槽内に必要台数を並べて設置します。
ユニットはろ板の両側に微多孔性膜を貼った膜カートリッジと、その内側から処理水を抜き出すチューブ、多枚数の膜カートリッジを収納する膜ケース、さらに下部の散気装置と散気ケースで構成されています。
膜カートリッジは1枚ずつ取り出すことができ、点検・交換が容易に行えます。
また、施工時にオプションのガイドレールを設置しておけば、メンテナンス時の吊り上げや吊り下げも容易に行えます。
液中膜ユニット イメージ図

液中膜処理 参考計算例

標準活性汚泥処理 液中膜式処理
処理量 [m3/day] 50 50
流入汚水の平均BOD濃度 [mg/L] 2,000 2,000 2,000 2000
BOD負荷 [kg-BOD/day] 100 100 100 100
MLSS濃度 [mg/L] 3,000 6,000 12,000 15,000
BOD容積負荷 [kg-BOD/m3・day] 0.3 0.6 1.2 1.5
曝気槽容積 [m3] 333 167 83 67

液中膜システムは「ろ過処理」のため、MLSS濃度を標準法に比べて高くできる効果があります。