分析事業メイン画像

異物分析ご依頼手順

弊社では、「異物分析」について年間平均100件以上の受注実績と経験があります。
まずは、「異物分析」のご依頼手順についてご紹介させて頂きます。
異物分析 打ち合わせ 下記事項を確認し、分析方法を組立、納期の確認を行います。(1)異物発生の状況:(A)対象試料の材質、大きさ(B)周辺環境(2)異物について :(A)大きさ、色、数(B)予想される事(有機物か無機物か等)
異物分析 見積書提出 上記打ち合わせ結果を確認した上で、分析手順を計画、お見積もり致します。
異物分析 ご発注 分析内容とお見積りを納得頂いた段階で、ご発注下さい。
異物分析 外観観察 異物を光学顕微鏡、デジタルマイクロスコープで確認します。必要であれば、分析前に写真撮影も可能です。 マイクロスコープ 分析前の異物の写真撮影を行います。
異物分析 前処理 異物の大きさや存在状態及び分析方法を考慮して、適切な試料作成を行います。 分離・切断・抽出・剥離 弊社のノウハウにより異物<br /> の分離を行います。
異物分析 有機物 FT-IRにて主成分の定性を行います。<br /> 必要に応じて他の分析を行います。 MicroFT-IR 微小有機異物の定性分析が可能です。
異物分析 混合物 有機・無機の混合物の場合や、どちらも考えられる場合には、両方の分析を行います。
異物分析 無機物 SEM-EDSにて主要元素を調べます。必要に応じて他の分析を行います。 SEM-EDS 異物の形状観察と元素分析、有機物の形状が知りたい場合には、SEM観察を行います。
異物分析 異物の特定 検査結果より、異物成分を推定します。必要であれば、異物発生の原因と推定される標準物質も測定し、データの比較を行います。
異物分析 ご報告 「分析結果報告書」をご提出致します。より詳細な分析が必要な場合は、改めてご提案致します。