分析事業メイン画像

ダブルショットパイロライザー・GC-MS(質量分析装置)

弊社のGC-MSは、「ダブルショットパイロライザー」を装備しております。

例えばフィルムの分析を行う場合、GC-MS単体では可塑剤や揮発成分の分析は可能ですが、樹脂の不揮発成分については、分析が出来ません。

しかし、「ダブルショットパイロライザー」を接続しますと、低温(例300℃等)で可塑剤や揮発成分をガス化・測定し、高温(例600℃等)で昇温・ガス化して、モノマー物質の測定も可能になります。

メーカー型式

GCMS-QP2010/SHIMADZU

主な性能

四重極型MS(EI:M/Z1.5〜1024)/GC-2010

付属オプション

オートサンプラー、直接試料導入装置(DI)、マイクロジェットクライオトラップ、

ダブルショットパイロライザー

特 徴

GC-MSは有機化合物の定性・定量分析を目的とする複合装置です。

ガスクロマト部において、化合物を分離し、質量分析装置にて、試料分子イオンを高感度に検出します。

多彩なオプションを装備しています。

・未知有機物の分子量を直接導入により測定(DI)

・加熱により、放出される有機ガス成分を濃縮-測定

・高分子材料の添加剤-樹脂成分を1度に多段階で測定

・熱分解生成物の測定(樹脂の種類判別や、構造の比較)

また、ワイドボア、ナローボアのキャピラリーカラムに対応しており、極微量な試料から、有機ガスのように容量の大きな試料測定にも対応いたします。

未知ゴム試料の組成分析例を、下記リンクにてご参照下さい。

http://www.frontier-lab.com/jp/product/catalogue/PY-2020_Shimadzu_J.pdf