分析事業メイン画像

環境調査・分析のご紹介

環境調査 水質:工場排水、河川水、飲料水 大気:ボイラー、焼却炉等の排ガス 工場排水(水質汚濁防止法)、ボイラー・焼却炉等の排ガス(大気汚染防止法)、土壌(土壌汚染対策法)など、工場及び事業所から排出される汚染物質を管理する責任が事業者に課せられています。快適な地域の環境を確保するために、環境調査は欠かすことができません。
作業環境測定 粉じん、有機溶剤、特定化学物質、鉛、騒音、石綿を扱う作業場 粉じん、有機溶剤、特定化学物質、騒音等の有害な業務を行う屋内作業場について、労働安全衛生法において事業者には作業環境測定を行う義務が課せられています。作業環境測定は労働者の安全と健康を守り、快適な職場環境を確保するために必要です。
騒音・振動測定 工場から発生する騒音・振動の調査 建設作業騒音・振動の測定 環境騒音等 騒音、振動は、工場や事業所の工場騒音(振動)、建設作業騒音(振動)、自動車や鉄道の交通騒音、など幅広く存在しています。それらは全て「騒音規制法」と「振動規制法」により、騒音と振動の大きさが規制されています。工場の周辺が宅地化され、騒音・振動についての苦情が増えています。
絶縁油中のPCB分析 トランス、コンデンサー等の絶縁油中の微量PCB分析 トランスやコンデンサー等の電気機器等に使用されている絶縁油にはPCBが混入している可能性があります。PCB含有物は、都道府県等へ届け出るとともに、2016年7月までに処分をしなければなりません。環境汚染を防ぎ、速やかで適正な処分を推進する為には、高精度の分析が必要となります。悪臭調査 特定悪臭物質、臭気調査 「悪臭防止法」に従って、それぞれの特定悪臭物質22物質の排出基準が定められています。しかし、最近は特定悪臭物質が含まれていない臭いへの苦情件数も増えており、それらは臭気指数という人の感覚に近い数値で表すことができます。
このほか、アスベスト調査、生活環境影響調査も行っています。